妊娠糖尿病の食事:治る?改善メニューで頭に入れておいて欲しいこと

妊娠糖尿病の検査とはいったいどういうことをするのでしょう?

妊娠糖尿病の検査で気にすること
妊娠糖尿病かどうかというのは血糖検査を行うことによって知ることができます。

 

血液中のブドウ糖濃度を測り、その結果によって
妊娠糖尿病になるおそれがあるのかどうかを知ることができます。

 

 

時期は、妊娠初期と中期に行います。
その時に血を抜いて検査するわけです。

 

 

それぞれ初期は随時血糖検査、中期は50gGCTを行うのが主流とされています。
この50gGCTの時に基準値以上の結果が出てしまうと、妊娠糖尿病のおそれがあるので、さらに検査を行います。
この時の検査を75gOGTTといいます。

 

 

 

検査の方法

随時血糖検査は、血糖値を測りますが、時間は関係ありません。
結果で100mg/dl以上出てしまうと、血糖値が高い高血糖とみなされ、
さらに検査をする必要が出てきます。この時の検査が75gOGTTといいます。

 

50gGCTについては、
対象は、随時血糖検査で結果が正常だった場合、または、随時血糖検査で基準値以上が出て、さらに75gOGTTの検査を受けて、実際には大丈夫だったと判断された場合が該当します。なんだかややこしいですが。出戻り感がありますね。

 

方法は、50gのブドウ糖を飲んで、そこから1時間立ったら血糖値を測ります。
こちらも食事時間は関係ありません。

 

 

最後に75gOGTTですが、こちらでは合計3回採血して血糖値を図ります。
状態は朝食抜きの状態。そこからブドウ糖75gを飲む前、飲んだ後1時間、2時間後と測ります。なんだかつらそうな感じはしますね。

 

これで空腹の時に100mg/dlオーバー、1時間後のものは180mg/dlオーバー、2時間後は150mgオーバーそれぞれ2つ該当したら、妊娠糖尿病という診断結果がくだされます。

 

 

この検査自体、妊娠中期に行うのですが、
妊娠糖尿病になるんじゃないかと心配されてる場合は妊娠初期で
さっそく受診される場合もあります。

 

→ 妊娠糖尿病の産後はどうなる?

  

関連ページ

妊娠糖尿病予防のメニュー、食べ物
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病の症状について知っておきたいこと
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病と判断される血糖値の基準値ってどれくらい?
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
奇形が産まれるということ
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
チョコレートはどうだろう?裏ワザ?
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
食事の葉酸と葉酸サプリの違い
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病とヘモグロビンのまともな関係
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病からくる合併症について
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は