妊娠糖尿病の食事:治る?改善メニューで頭に入れておいて欲しいこと

インスリンについて

妊娠糖尿病になると奇形の赤ちゃんが産まれるんでしょうか?
もしくは、奇形の可能性が高まるんでしょうか?

 

これは可能性は、充分にあります。

 

 

奇形を防ぐための方法として、
妊娠前から対処しておくことが重要という話もあります。

 

妊娠してからの対応よりも、
妊娠前にしっかりと対策をしておくこによって
奇形児が産まれる可能性を減らすことができるんです。

 

やっぱり奇形の子がうまれてしまうとなると
本人や家族にとっては、悲しいことになってしまいます。
そして、リスクは大きいものです。

 

一説によると、
奇形児なのか健康児なのかは、妊娠して7週間前後で決まるという説があります。
思うに、妊娠がわかった時点で、ある程度健康体にしておく必要はあると思うんですね。

 

かといって7週過ぎて妊娠糖尿病になってしまったから
といって諦める必要もありません。
可能性がある、というだけですので
不安で心配であれば、ここはかかりつけのお医者さんに相談しましょう。

 

なんといっても最大限に可能性を減らすのは
妊娠前からの対策なんですね。何度もいいますけど。

 

 

逆に言うと、妊娠後期での妊娠糖尿病を患ってしまった場合となると
話は変わってくるかもしれません。
ある程度器官系は、発達して完成に近づいているので
リスクは軽減されている可能性も無きにしもあらず。
かといって安心はできませんけど。

 

 

奇形児が産まれる確率を減らし、
無事に元気な赤ちゃんが産まれてきてくれる
ということをできるだけ現実的にするには
しっかりとした栄養バランスのとれた食べ物をとりましょう。

 

あとはよくいわれる葉酸ですね、葉酸サプリ。
葉酸サプリは、無脳症、二分脊髄のリスクの可能性を減らしてくれます。
積極的に摂っていくようにしたいところですね。

 

 

 

 

→ 赤ちゃんへの影響は?

  

関連ページ

妊娠糖尿病予防のメニュー、食べ物
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病の症状について知っておきたいこと
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病と判断される血糖値の基準値ってどれくらい?
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
チョコレートはどうだろう?裏ワザ?
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
食事の葉酸と葉酸サプリの違い
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病の検査で気にすること
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病とヘモグロビンのまともな関係
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病からくる合併症について
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は