妊娠糖尿病の食事:治る?改善メニューで頭に入れておいて欲しいこと

食事での葉酸摂取と葉酸サプリでの摂取の違いは?

食事の葉酸と、サプリの葉酸は何が違うのでしょう?
バランスの良い食事を心がけていれば、葉酸サプリの必要性なんてないんじゃないんでしょうか?って思いますよね。

 

 

実は食事の葉酸は思ったほどとれないんです。
実際には、食べた量の50%しか体内に吸収されないんです。

 

食材の中に含まれている葉酸というのは、
ポリグルタミン酸といって、いくつかの葉酸がくっつきあった形となっています。

 

その葉酸のかたまりを、腸で消化して吸収ってなると、
一つ一つを分解して、消化させる必要があります。

 

その途中で崩れてしまったりして、充分に消化できなくなってしまうということなんですね。

 

 

ということは、葉酸を摂ったつもりになっていたんです。実際には半分ですからね。
思っていた量の葉酸を摂るには、その倍以上食べないといけなかったということなんです。摂らないよりはいいのですが・・・

 

 

厚生労働省が葉酸の摂取を葉酸サプリから摂ろうって言っているのには
それなりに理由があるんですね。

 

 

葉酸サプリメントの中の葉酸は、だいたいがばらばらになった葉酸なんですね。
※これをプテロイルモノグルタミン酸といいます。

 

 

調理することもないので、そのままの形で摂取することができて、
吸収率も約85%と高めです。

 

 

妊娠初期の方や、妊活中の女性の、推奨されている葉酸摂取量というのは
400μグラムです。

 

これを食事で摂ろうとすると、2倍必要となってくるわけなんですね。

 

 

これはけっこう相当な量だと思うんです。
個人的にもそうなんですが、一般的に見てもそう思いませんか?

 

普段から人よりもちょっとだけ多めに食べているのかもしれませんが、
葉酸を含んだ食事ばっかり、普段の倍以上食べなければならないとなると
過酷な試練のような気もしないでもないわけで。

 

そんなにつらい思いをするのであれば、
簡単にできるところはカンタンに解決してもいいんじゃないかな、と思います。

 

→ ここぞという時のための葉酸サプリ

 

 

それでもサプリは苦手で、あくまで食事での葉酸摂取を目指すんだ
できるだけナチュラルに葉酸を摂り入れるんだってなると
調理方法にも工夫する必要が出てきます。

 

 

 

障害を持った子が産まれないように、と
ちゃんとリスク管理をしないといけない、と思っているのであれば
生まれてくる子供のためにも、しっかりとした量の葉酸の摂取をオススメします。

  

関連ページ

妊娠糖尿病予防のメニュー、食べ物
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病の症状について知っておきたいこと
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病と判断される血糖値の基準値ってどれくらい?
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
奇形が産まれるということ
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
チョコレートはどうだろう?裏ワザ?
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病の検査で気にすること
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病とヘモグロビンのまともな関係
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は
妊娠糖尿病からくる合併症について
妊娠糖尿病になるかもしれない?そんな時は